ブランドセーフティの進化形!ブランドスータビリティ(適合性) - DoubleVerify

広告体験に影響を与える「ブランドセーフティ」や「ブランドスータビリティ(適合性)」といった取り組みはには様々なレベルがありますが、これは日本の広告主にとっても優先すべき事だと考えられます。DoubleVerify(DV)の2021 Global Insights Reportによると、日本の「ブランドスタービリティ(適合性)」の違反率は前年比で22%増加しています。「ブランドスータビリティ(適合性)」の要件を満たしていないサイトやアプリに広告が配信されたりしている事案が増えていると言えます。

そもそも、「ブランドセーフティ」と「ブランドスータビリティ(適合性)」の違いは何でしょう。「ブランドセーフティ」とは、ブランドを問わず、より普遍的なものであり、例えばアダルトコンテンツやテロリズムなどの特定のコンテンツは、どのブランドにとっても安全ではないとみなされます。しかし、「ブランドスータビリティ(適合性)」は、「ブランドセーフティ」と少し考え方が異なります。ブランドによって、ブランドへの適合性の好みが異なるからです。あるブランドには適していても、別のブランドには適していないことがあります。

例えば、アルコールに関連する記事サイトは、家族向けのイメージを大事にしているブランドには適していないと考えられるかもしれません。しかし、高級食料品店などは、このようなコンテンツと一緒に広告を出稿することが可能かもしれません。高級食料品店のターゲットとする顧客層が、このようなアルコールのコンテンツを読んでいる可能性があるためです。このように、「ブランドスータビリティ(適合性)」には、ブランドがそれぞれのブランドのターゲット顧客層に合った精緻なアプローチが必要です。

 

「ブランドスータビリティ(適合性)」とは、ブランド独自の要件に応じて、リーチと精度のバランスをとることが重要です。DoubleVarify Japan 日本代表・カントリーディレクターの武田は宣伝会議のインタビューの中で、 「不適切なサイトをブロックすることだけでが目的となると、広告主は必要な広告出稿量を確保できなくなります。必要なプロテクションと望ましいリーチの規模を、バランス見ながら確保する、ブランドスータビリティ(適合性)が求められているのです。」と述べています。

 

他のどのプロバイダーよりも広範囲で詳細なコンテンツカテゴリー

DVでは、広告主向けに、89ものユニークなブランドセーフティとブランドスータビリティカテゴリーを用意しています。新たに設けたブランドスータビリティ・ティア(階層)では、13のコンテンツカテゴリーに対して3段階のコンテンツリスクレベルを設け、ブランドのニーズに応じてカストマイズできるようになりました。コンテンツリスクは、コンテンツのタイプ(教育、ニュース、暴力的な表現、ユーザー生成コンテンツなど)とトピックに基づいて決定されます。コンテンツトピックに加えてコンテンツタイプも考慮することで、ブランドセーフティとブランドスータビリティの設定をより細かくコントロールできるようになります。

ブランドスータビリティ・ティア(階層)は、DVの過去10年間にわたる開発経験により、カテゴリー別・リスク層別に、有意に区別された包括的な分類ポリシーを活用しています。そうすることで、広告主が理解しやすく、判断しやすい分類を可能としているのです。またブランドスータビリティ・ティア(階層)は、DVの定評あるセマンティックエンジンと機械学習技術も利用しています。

JICDAQ(⼀般社団法⼈ デジタル広告品質認証機構)への積極的な取り組み*

DoubleVerifyは、米国メディア調査会社の認定審査を行うMedia Rating Council(MRC)や、Auditt Bureau of Circulation (ABC)、Trustworthy Accountability Group (TAG)など、他のどのプロバイダーよりも多い評価基準認定を受けており、こうした業界団体と共に、デジタル広告業界に貢献してまいりました。日本においてもグローバル同様に、DoubleVerify Japan株式会社として、JICDAQの理念に賛同し、積極的にデジタル広告市場の健全な発展に貢献すべく取り組んでまいります。ブランドセーフティの領域においても、JICDAQが規定するブランドセーフティ認証基準を含む、業界をリードするブランドセーフティおよびブランドスータビリティカテゴリー制御により、デジタル広告の品質向上に向けて、ソリューションを提供していきます。
*現在、DoubleVerify Japan株式会社は、登録事業者として認証申請中です。

DVの詳細なソリューションについては、japan@doubleverify.comまでお問い合わせください。

Ready to Get Started?
Get in Touch and Request a Demo

Request a demo
image