DoubleVerify Japanが日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会 (JAA/WAB) および日本インタラクティブ広告協会 (JIAA) の正式会員へ。 - DoubleVerify

また、JAA/WAB、およびアドベリフィケーション国内主要5社と共同して「ネット広告健全化推進プロジェクト」発足に参画。

 

2020年6月23日、東京 – デジタルメディア計測、データおよびアナリティクスに関するリーディングソフトウェアプラットフォームのDoubleVerify Japan株式会社(以下DV Japan) は、この度公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会(以下JAA/WAB)および一般社団法人日本インタラクティブ広告協会 (以下JIAA) の正式に会員社となりました。

さらに、DoubleVerify Japan株式会社は、JAA/WABと国内主要アドベリフィケーションプロバイダー5社 (Integral Ad Science Japan株式会社、株式会社Spider Labs、日本オラクル株式会社 (Oracle Data Cloud)、モメンタム株式会社) と共同して日本のデジタル広告の健全化に向けて 「ネット広告健全化推進プロジェクト(リーダー:JAA Web広告研究会 小林 秀次氏)」の発足に参画します。

日本のデジタル広告業界では世界広告主協会 (WFA) によるグローバルメディア憲章の発行以来、様々なアドベリフィケーションについてのディスカッションが行われてきましたが、基準の採用についての大きな前進は今だに見られていません。DoubleVerifyの最新のベリフィケーションテクノロジー、ソリューション、知見を活用することで、日本のデジタル広告市場の発展と完全な透明性を持ったデジタル広告エコシステムを実現することができると考えています。これらの業界団体のメンバーになることで、DV Japanはこれらの取り組みに関する大きな貢献が可能になり、広告主がメディア投資のROIを最大化し、メディア品質の重要性を再認識することに貢献ができると考えます。

「私たちは、業界リーダーの皆さんとともにこの重要なプロジェクトに参画できることに大変な喜びを感じています。私たちは、より良い業界作りに大きな貢献ができると確信しています。」 (DoubleVerify Japan株式会社、日本代表・カントリーディレクター 武田隆)

「多くのメディアで伝えられているように、消費者の昨今のデジタル広告に対する不信感は高まっています。JAAは昨年アドバタイザー宣言を出し、デジタル広告の信頼性を担保するための議論を継続しています。しかしながら、広告主も含め、その広告活動に関わるパートナーの多くは、まだデジタル広告の健全化の取り組みを推進しきれていません。そこで、広告主とその広告活動に関わる全てのパートナーに向けて、正しく広告価値毀損を測定することなど、アドベリフィケーションの仕組みを活用することの重要性について広く啓発を行っていきます。」 (JAA/WAB)

この件に関する詳しいお問い合わせはDoubleVerify Japan japan@doubleverify.comまで。

 
DoubleVerifyについて

DoubleVerifyはデジタルメディア測定、データおよび分析の大手ソフトウェアプラットフォームです。DVのミッションは、世界最大のブランド、パブリッシャー、デジタル広告プラットフォームのためのデジタル広告の品質と有効性に関する透明性とデータドリブンなインサイトの最も信頼できる情報源になることです。DVの技術基盤は、品質を最大限に向上させるために利用できる一貫性のある公平なデータと分析を広告主に提供し、デジタル広告投資に利益をもたらします。DVは2008年より、より良い業界の構築を支援するデジタル広告のエコシステムに、クラス最高のソリューションを提供することによって、フォーチュン500の数百社がメディア出資から最大の利益を上げることを支援してきました。詳細はwww.doubleverify.comをご覧ください。

Ready to Get Started?
Get in Touch and Request a Demo

Request a demo
image